MusicCloset

Music Closet

MONO考えHITO感じる 世界の音楽紹介ブログ

【趣味というわりには深刻】なぜVTuberにハマったのか、ようやく言葉に出来る。

今年は私にとって圧倒的「Vtuber元年」な一年でした。 アニメ絵が元から好き(好みはあるけど抵抗は全くない)、音楽好き、声フェチ、ゲームストリームも見るようになっていた…と、これ以上この界隈にハマる要素を追加するのが難しいぐらいの好条件だったわ…

クラシック要素ってキテたりします?~CHINCHILLA聴いたりBENNET聴いたり~裏もやってます。

なかなかブログを書けない日々。 それでもVTuberや歌ってみた界隈に潜ってはいますが、久々に聴いたリアルミュージック(語弊が生まれそう…)で少し気になったことがあって、久々にブログを書いてみました。 そのきっかけになったのが Bebe Rexha のこの動画…

【ハロウィーンにおすすめ】ちょっとダークでミステリアス,そして何よりノレる曲

すっかり日本のイベントカレンダーに定着したハロウィーンカルチャー。 さっそくUSJのハロウィーンイベントでは、ゴーストたちとも踊れるような Ado の「唱」が話題になっていますよね。 open.spotify.com 今回はそんなハロウィーンにオススメの曲をさらっと…

【バーチャルの上に立つリアルで】VTuberの歌と普段のトークギャップ、とちょっと真面目な所感。

最近VTuberの音楽を聴きすぎている、という自覚がある。 直近ではV以外にも、BAEにもハマりつつあるし。 youtu.be youtu.be そんな中、ふと思った。 ここまで音楽がカオス的に開放された時代が過去にあっただろうか、と。 プロだろうが素人だろうが、そんな…

【音楽と平和】一年に一回、この時だけでも聴きたい音楽

今年、おそらく人生で初めて8月15日に黙祷するのを忘れた。 今まで仕事中だったり出先だったりで、出来なかったことはあるけれど、意識的にずっと心のどこかに「それ」はあった。 けれど、今年は出来たはずなのに(就業中ではあったけど)失念してしまっ…

【全曲爆音!ヘッドホン推奨!!】2023年上半期 聴きまくった曲

完全に素で忘れていましたが、今年も恒例となりました【上半期で聴いてきた音楽】をまとめていきたいと思います。 そしてなぜだか分かりませんが、夏の熱さを全身で浴びたかのような爆音曲ばかりが集まってしまいました!このブログでこの比率はだいぶめずら…

ポケットの中の音楽 ~ちっぽけで正直な自分と向き合うとき~

梅雨、あけませんね~。 とはいえ、私は雨音を聞くのはけっこう好きだったりします。雨の粒が地面に打たれ、跳ね返るまでの余白?余韻?みたいなものに、昔から惹かれます。 そしてその瞬間、悲しいのか虚無感なのか、自分の気持ちなのにしっかりと心に根を…

【再来】声フェチ女、完全なる独断と偏見で 声が魅力の歌手を選んでみた ~2023年ver~

久しぶりにこの企画です。 と言っても前回は2019年なので、だいぶ好きな歌声も更新されていそう…と思うのですが、さてどうなるでしょうか。 2019年版は男声・女声で分けていましたが、今回は混合。 musiccloset.hatenablog.com musiccloset.hatenablog.com …

Mina Okabe ため息を歌声に変えて デンマーク発シンガーソングライター

ふと、疲れたなと思ったときに聴こうとする音楽はそんなに多くないかもしれない。 自分のため息を肯定してくれるところから始まり、無理やり前を向かせるような情緒かき乱すようなサウンドもいただけない場合も多い。 その分、実際に聞き流しもでき、かつ自…

【VTuber Music ②】VTuber音楽が全部同じに聞こえる人へおすすめの10曲 ~ホロライブ・にじさんじ王道編~

前回に引き続きVTuber音楽について書いていきます。 musiccloset.hatenablog.com タイトルにも書いたとおり、アニメ/ゲーム/VTuber系の音楽(ネオオタク趣味?)ってどれも同じに聞こえるという人は少なくないと思います。 私自身ボカロ系や美少女系アニ…

【VTuber Music ①】ホロライブの音楽と さくらみこ にハマってしまった話

今回はちょっと番外編。 このブログでも何回か書きましたが私はハロプロという“生き方”にとても大きなエネルギーをもらってきており、所謂“アイドル”という存在が好きな人間です。 musiccloset.hatenablog.com 『アイドル』という言葉自体には肯定できない部…

【春・センチメンタル】散歩やウォーキングにぴったりな音楽

春満開。 温かな陽気に誘われて、近所や公園の散歩を楽しみたい方も多いのではないでしょうか。 春は別れと出会い、そして過去と未来が交錯するような、少しだけ特別な時間だったりしますよね。 今回はそんな季節にぴったりな、前向きでちょっぴりセンチメン…

【音楽ブログあるある】何書いたらいいか分からないとき、自分が好きな音楽を語るだけでもいいの?【リハビリ洋楽編】

お久しぶりです。 ここ数か月ブログを書くことが出来ず、自分のなかでいつの間にか「音楽」も「ブログ」も完全なるまっさらな更地状態に(笑) 音楽ブログって何を書いたらいいんだっけ~ヾ(*´∀`*)ノ、という初期装備のみになっております。 過去記事を見て…

【大遅刻】2022年下半期 聞きまくった音楽

お久しぶり&あけましておめでとうございます(土下座)。 諸事情により更新がとまってしまっていたのですが、せめて2022年のまとめはアップしたいと思い、一つの音楽記録として書いていきます。 個人のプレイリストと思って聞いて頂ければ嬉しいです。 Mrs,…

【Pritam プリタム】有名なボリウッド音楽の売れっ子を改めてご紹介

ボリウッド音楽を代表する音楽家 Pritam プリタム。 彼が手掛ける音楽はインド古典音楽と西洋音楽をバランスよく融合しているのが特徴で、初めてインド音楽を聴くきっかけとしても最適です。 2000年以降関わった映画作品、なんと125本以上(!)という膨大な…

【痛みと強さ、歌い続ける】Christina Aguilera『Beautiful(2022ver)』とオリジナル比較まとめ

Christina Aguilera の代表作『Stripped』は、2022年10月22日で発売20周年を迎える。 Stripped [12 inch Analog] アーティスト:Aguilera, Christina Rca Amazon それを記念してアルバムの代表曲であり、更には数ある名曲のなかでも アギレラ自身を体現してい…

【The Big Push ギタリスト】Romain Axisa ただただ音とその“一瞬”を楽しむ贅沢な音楽

数年前からイギリスはブライトン出身のThe Big Pushにはまっていることを、度々ブログでも書いてきました。 musiccloset.hatenablog.com 彼らのデビューは2019年とまだ若いバンドですが、ボーカルの Ren は既にソロプロジェクトで有名だったり、その演奏レベ…

【日本・モンゴル外交関係樹立50周年】モンゴルのイメージをアップデート!都市に、大草原に響く、力強く美しい詩たち

2022年、日本とモンゴルの間では外交関係樹立50周年の節目の年を迎えています。 日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特設ページ | 在モンゴル日本国大使館 モンゴルと聞くと日本では “大草原 、相撲、スーホの白い馬(馬頭琴?)、ゲル、チンギス・ハーン”…

【歓喜】再結成おめでとう!今でも聴いてしまうKARAのおすすめ神曲TOP8

今年はものすごく悲しいことばかりだったから、この一報を聞いたとき自分でも抑えが効かないほど馬鹿みたいに騒いでしまった。 news.kstyle.com KARAが2022年11月に韓国・日本の両国で再結成するというのです。日本のTwitterでも、はやばやトレンド入り。 意…

【昭和歌謡5選】ちょっとディープな昭和歌謡を聞きたい方に<女性ヴォーカル編>

個人的に大好きな昭和歌謡5選についてまとめました。 こちらのブログではあまり書いたことのないジャンルですが、たまには昭和気分も悪くないな~と思い、普段からよく聴く音楽をあげています。 親しみやすいけどよく聴けばディープにも聴くことができる、…

【2022年 夏】よく聴いた曲まとめ

今回は、2022年の夏によく聴いた曲をご紹介します。 日中のドライブで聴きたい曲、猛暑に聴きたい曲、ひぐらしの声が響く夕景と共に聴きたい曲、沈みこむような夜更けに聴きたい曲… 色々な表情を見せるサマーシーズンに合わせて選んでみました。 諸事情でな…

【懐かしすぎ】2010年代 あの頃聞いたK-POPガールズソング

少女時代がデビュー15周年を記念して帰ってきたぞい。 ▶Girls Generation-'FOREVER 1' www.youtube.com 歌詞はもちろん、PVの演出やダンスコレオには過去の曲からのセルフオマージュもあり、ファンにとっては満足度の高い仕上がりになっています。 マリン衣…

嗚呼、毒歌よ ~必要悪な音楽に正面から向かい合ってみた~

!閲覧注意! ここでは人間の持つネガティブな感情と音楽の関係について書いています。閲覧は自己責任で。 当記事は2022年2月上旬に書き上げていたのですが、世界情勢などでタイミングを逃したため、現在改めての投稿となります。 この記事での「毒歌」は、…

【イメージ変わる?】ゲーム Biohazard バイオハザード/Resident Evil の音楽

2021年にシリーズ25周年を迎えた人気ゲームシリーズ、バイオハザード。 今回は歴代バイオハザードを見て「これは…!」と思った印象的な音楽を独断と偏見でまとめていこうと思います。 ゲームの世界観を支えるべく作り上げられた音楽を聞いて頂くことで、一般…

【ポーランド音楽】Kwiat Jabłoni ワルシャワ蜂起78周年を記念したアルバム『Free Hearts』を発売

ポーランドの姉弟フォークデュオ Kwiat Jabłoni クヴィアト・ヤブウォニ がポーランドのワルシャワ蜂起78周年を記念したアルバム『Free Hearts』を発表しました。 78周年というキリのいい年とは言えない年にこのアルバムを発表したのは、おそらくロシアのウ…

【夏歌】Penny Baltatzi ペニー・バルタッツィ/ギリシャのシンガーソングライターを聴きながら猛暑を乗り切る

夏になると決まって聞きたくなるのがバルカン~ボリウッド音楽。 なかでもギリシャポップスは自分のなかで外すことが出来ない夏定番ジャンルです。 マリナ・サティ、エレナ・パパーリズー、エレニ・フーレイラなど、個人的なお気に入り歌手も多数いるギリシ…

【感謝と反省とREスタート】好きな曲をもっと自由に書き、もっと自由に聴いてもらうために。

いつも当ブログ『Music Closet』へご訪問くださりありがとうございます。 今回はお知らせのみの記事になります。 主にはてなブログを通じてご覧頂いている方へのお知らせになりますので、ほか検索からお越しくださった方はスルーなさってください。 ■□□□■□□□…

歌に形はないけれど、私たちが受けとれるもの ~2022年上半期聞きまくった曲たち~

今回も2022年上半期で個人的に聴いた曲を独断でまとめています。 リリース時期やメインシーン・非メインシーンなどはごちゃまぜ。自身の備忘録の一面も兼ねてます。 曲数は少ないですが一つ一つ思いが重め。 繰り返し聴く曲は、自身のコンディションにもつな…

【Studio Accantus】ポーランド語で聴くミュージカル音楽。まずは歌詞から言葉にふれていくスタイル。

あまり私たち日本人には馴染みのない国、ポーランド。 けれど最近では、ウクライナ避難民の受け入れ先として真っ先に名前のあがる国となり、日本の報道でもよく耳にする国になりました。 それではその言語とは? 同じスラブ語圏としてウクライナ語とも近い(…

時には君が主人公になってみないか(お仕事編) ~ピンチのとき爆速で気持ちを奮い立たせる歌~

平凡な日常でも、そこかしこに転がっているピンチ……。 ケース1:やば上司こっち来た!まさか片付いたと思ってたあの件…? ケース2:電話口の向こうの沈黙……え、わたし地雷踏んだ…のかな… ケース3:よし、今から全力で怒られにいきます…!!(ガクブル) こんな…