MusicCloset

Music Closet

声フェチ女による 世界の音楽を紹介するブログ

Måneskin マネスキン ユーロビジョン2021で優勝したイタリアのロックバンド

 

ZITTI E BUONI [Explicit]

 

ユーロビジョン2021で優勝を果たしたイタリアのロックバンド Måneskin マネスキン

視聴者投票で一気に大逆転となりドラマチックな勝利を掴みました。

 

ロックバンド優勝は実に15年ぶり、そしてイタリアの優勝は31年ぶりとのこと。

今回はこの快挙を成し遂げた彼らについて、筆者もまんまとはまった魅力も含め、簡単にまとめていきたいと思います。 

www.maneskin.it

▼ユーロビジョン2021についてはこちら

musiccloset.hatenablog.com

 

 

Biography

 

Måneskin マネスキンはイタリアのロックバンド。ローマ出身で同じ高校の生徒同士でバンドを結成。

Chosen [Colored Vinyl] [Analog]

左:Thomas Raggi トーマス・ラッジ(ギター)

中央左:Damiano David ダミアーノ・ダヴィド(ボーカル)

中央右:Victoria De Angelis ヴィクトリア・デ・アンジェリス(ベース)

右:Ethan Torchio エタン・トルキオ(ドラム)

 

2017年イタリア版のXファクターにて準優勝。ここから彼らは一気に知名度をあげていきます。

2018年にオリジナルアルバム『Il ballo della vita』を、2021年には『Teatro d'ira-Vol.Ⅰ』をリリース。 

 

その後、“ZITTI E BUONI”でサンレモ音楽祭2021、ユーロビジョン2021を制しました。 

サンレモ音楽祭2021優勝時の様子


www.youtube.com

イタリアの国民的シンガーソングライターのフランチェスカ・ミキエレンのユニットと競っていました。彼らの勢いがよく分かります。   

 

Music

 

彼らの音楽はガレージロックのような荒々しさとグルーヴ感の強いサウンドが特徴。1970年代のサウンドを意識して作られています。

またメイクやファッションにはグラムロックの影響も。

音楽的に影響を受けたアーティストには Led Zeppelin/Fleet Wood MacNirvanaDavid BowieRed Hot Chili Peppers などをあげており、パワー系の曲にはラップパートがあることも多いのが特徴です。

 

ZITTI E BUONI


www.youtube.com

サンレモ音楽祭2021&ユーロビジョン2021優勝曲というモンスターナンバー。

ユーロビジョン後にはUKチャート17位にランクイン。イタリアの曲がイギリスのチャートに入ったのは何と30年ぶりの快挙だそう。

タイトルはイタリアで小さい子をたしなめる言葉「ZITTI E BUONI(いい子にして黙ってなさい!)」。

非常にキャッチーながら、絶妙なところで聞き馴染みのある“ Buonasera ” や

“ Signore, Signori ” などを入れてくるあたり、なかなかに狙っている感もあり逆にそれが小気味いい曲です。

 

Torna a casa 


www.youtube.com

現在再生回数1億超えの人気曲。

“ZITTI E BUONI”とはうって変わって、とても美しいバラードです。ゆったりとしたテンポのなか、後半畳み掛けるように盛り上がりを見せる曲調にも注目。

 

Fear for Nobody


www.youtube.com

英語曲。曲によって英語とイタリア語を区別しているものもあります。

聞きやすい軽快なポップソングです。 

 

STATO DI NATURA


www.youtube.com

イタリアを代表するシンガーソングライター、Francesca Michielin フランチェスカ・ミキエレンとのコラボ。

彼女もXファクター出身者で、優勝後には2016年のユーロビジョンにもイタリア代表で出場しています。

 

演出の鬼?

 

マネスキンは演出力がものすごい。

曲ごとのコンセプトがしっかりしているし、メイクからPVの雰囲気まで“マネスキン”をきっちり作りこんでいます。 

とくにボーカルのダミアーノには近年めずらしいタイプのカリスマ性を感じます。酔って酔わせて…を自然にやってますよね(美し…)。

 


www.youtube.com

 


www.youtube.com

Xファクターにてストラッツのカバー。ポールダンス経験者…?と思うほど達者なポールさばき。

 

とがき 

 

ユーロビジョンの後いくつか動画を見ましたが、バンドの関係はとても良好でおふざけ動画などもあがっていました。

そんな部分を見ると、音楽やファッションの奥にある平均年齢20歳(!)という無邪気さも垣間見えて、一気に好感がもてたり。

とくにヴィクトリアは英語、イタリア語、スイス語が達者で、ユーロビジョン後のプレスインタビューに対して非常にしっかりと音楽観や個人の生き方について述べていたのが印象的でした。 

最後にユーロビジョン結果発表のシーンを。


www.youtube.com

10:20~イタリアの視聴者投票結果。

上位圏内の国でも150点前後の追加点のなか驚異の300点超えに。この巻き返しは過去と比べても記憶に残る瞬間で何度見ても鳥肌がたちます。

14:50~スイスと一騎打ちの瞬間。惜しくもスイスは得点及ばずモーネスキン優勝が決まりました。

メンバーそれぞれ喜び方も受けとめ方もバラバラですが、そんな枠にとらわれない部分も含めてやっぱり頑張ってる若いバンドっていいなとジーンとしちゃいます。

そしてもちろんユーロビジョン参加者全員のパフォーマンスは最高のものでした。

そんな輝かしい舞台で大きく飛躍したマネスキン。筆者にとってもこれからがとても楽しみなバンドの一つになりました。(ここまで引き上げてくれた有名な敏腕マネージャーがいきなり退いたことについてはちょっと気になりますが…)

落ちついたら日本にもぜひライブに来てほしいな。

 

Best of Måneskin

 

Thank You For Reading.